超高圧技術標準化シンポジウム


現在、世界各国で超高圧技術に関する研究やこれらを利用した製品が開発されていますが、日本も多くの研究分野で世界をリードしています。しかしながら、超高圧技術に関する「国内標準」及び「国際標準」が未確立であり、国内外で産業化や医療等の分野への応用には数々の障壁が存在しています。

超高圧技術に関して、新たな分野への普及定着、国際的リーダーシップの確立、国際市場への輸出拡大による国内企業の活性化などに資するためには、安全で質の向上を目的とした標準化原案の作成が必要であり、そのためには一層の標準基盤研究を推進する必要があります。

この度、以下のとおり、超高圧技術に関する情報の共有化を図り、関係機関等の連携を深めるためのシンポジウムを開催します。みなさまのご参加をお待ちしております。

日時 平成19年2月14日(水) 13:30〜17:00 (受付は13:00より開始します)

会場 長岡グランドホテル

【主催】 にいがた産業創造機構(にいがた超高圧技術基盤研究コンソーシアム)

長岡商工会議所(H・P未来産業創造研究会)

【後援】 経済産業省関東経済産業局、新潟県、長岡市、新潟大学、長岡技術科学大学、新潟薬科大学、長岡工業高等専門学校、(独)産業技術総合研究所、(独)農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所、(独)科学技術振興機構、新潟県中小企業団体中央会、?新潟県商工会議所連合会、新潟県商工会連合会、新潟経済同友会

【定員】 100名(先着順) ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【参加費】 無料

【参加方法】 裏面の参加申込書に必要事項をご記入のうえ、2月5日までにFAXかE-Mailでお申し込み下さい。

【その他】 シンポジウム終了後、希望者による懇親会を開催します。(お一人様3,000円)

プログラム内容、参加申込書はこちらをダウンロードしてください。→DownRoad