極限環境微生物学会 トップページ

開催案内

参加申込

プログラム

ダウンロード
パスワード認証
が必要です。

↑要旨は
こちら
 



極限環境微生物学会 第7回シンポジウム
 〜 多角的視点から捉えた極限環境生物 〜

日時:2006年7月4日(火)午後1時〜5時40分
          (6時より懇親会の予定)

場所:東京工業大学 すずかけ台キャンパス すずかけホール
          (地図はこちらから

参加費:会員:3,000円、非会員:5,000円、
    (学生は会員、非会員共に無料)

懇親会費:5,000円
     (学生は3,000円)
     シンポジウム開催後に行います。
     会員・非会員共に参加いただけます。
     

交通:東急田園都市線すずかけ台駅下車徒歩5分
   (横浜市緑区長津田町 4259)

参加申込〆切は2006年6月23日(金)です。

シンポジウム要旨はダウンロードからPDFファイルとして入手できます。事務局から通知された認証パスワードを入力してください。


生命は地球上の多くの環境に適応し、存在します。pH3.5という酸性湖にも魚が棲み、高熱環境や、南極や氷河のような極寒環境にも生命は育まれています。自然界では共生、遺伝子の水平伝播などによって生物間での遺伝子のやりとりが行われ、これがさまざまな環境へ適応するための進化の推進力となっています。本シンポジウムでは、さまざまな環境に生育する生命に関して、フィールドワークからバイオインフォマティックスまで幅広い分野でご活躍の先生をお招きして、極限環境生物についての最新の知見をご紹介いただきます。

演者(五十音順)
今中忠行(京都大学大学院)
幸島司郎(東京工業大学)
小林英城(海洋研究開発機構)
田中寛(東京大学) 
千浦博(国際基督教大学)
広瀬茂久(東京工業大学大学院)


問い合わせ先 為我井秀行(日本大学)htamegai@chs.nihon-u.ac.jp



 
(C) Kyokugen Biseibutu Gakkai, Organization all rights reserved.